いい人に部屋を貸したい|高価格で売りたいなら不動産売却のタイミングが大切

高価格で売りたいなら不動産売却のタイミングが大切

男女

いい人に部屋を貸したい

積木

優良賃借人に部屋を貸す

賃貸マンション経営で安定的に収入を得続けたいと考えているのなら、いい賃借人にだけ部屋を貸すようにすることがとても重要になってきます。いい賃借人というのは、単にお金を持っている賃借人を指すのではありません。もちろん、お金を持っていない人に部屋を貸すと家賃を支払ってもらえなくなる可能性がありますから、家賃を支払えるだけの収入を得ているかどうかについては必ずチェックする必要があります。しかし、世の中には、お金をたくさん持っていても家賃を支払わない人がいます。また、自己中心的で周りの人と諍いばかり起こしているような人もいます。そのような人に部屋を貸してしまうと、賃料収入が予定通りに入ってこなくなるだけでなく、他の住人の退去が続出して賃貸マンション経営自体が立ち行かなくなってしまう恐れがあります。そのようなことになってしまっては大変ですので、入居希望者の人間性についてもしっかりとチェックする必要があります。

どうすればよいのか

優良賃借人にだけ部屋を貸したいのであれば、家賃保証会社の利用を入居の必須条件にするのが得策です。家賃保証会社を利用すれば、万が一賃借人が家賃を滞納してしまっても、家賃保証会社が賃借人に代わって家賃を支払ってくれます。つまり、大家は家賃滞納リスクから解放されることができます。しかし、家賃保証会社を利用するメリットが、それだけにとどまるわけではありません。家賃保証会社の利用を必須条件にしていると、入居希望者は物件を仲介した不動産業者と家賃保証会社の両方の審査を受けることになります。二重の審査に通過しないと入居することができなくなるわけですから、何か問題がある人は途中でふるい落とされてしまいます。一般的に、不動産業者よりも家賃保証会社の方が審査基準が厳しくなっていると言われていますので、いい人に部屋を貸せる可能性が高くなります。